結婚指輪の起源

婚約指輪を贈る習慣は古代ローマからありましたが、結婚指輪を贈る文化は9世紀のローマに起源があります。当時のローマ教皇、ニコラウス一世が指輪を結婚の証拠として認めたのが始まりとされ、夫婦の絆を示すものであるため、一生外してはならないと言った言い伝えも残っています。

結婚指輪の人気デザイン

結婚指輪

定番デザインのストレート

ストレートデザインの結婚指輪はシンプルなので普段アクセサリーを付けない男性でも比較的抵抗なく身に着けることができます。同じストレートでも指輪の幅や丸みなどで印象がずいぶんと変わります。実際に身につけた印象を確認しながら探しましょう。

ウェーブのかかったデザイン

曲線の持つイメージで優しい印象を持たせることができるウェーブのデザインは指の太さを強調しません。女性にはもちろん、男性にも向いている人気の形です。ダイヤをあしらったデザインにすると高級感も出て結婚指輪らしさが増します。

存在感あるV字デザイン

V字のデザインはシャープでクールな印象を与えます。縦のラインを目立たせる形になるので指を細く長く見せたい方にはお勧めです。思いのほか存在感のある形ですが、付けてみると案外しっくりくるスタイルでもあります。

品質が高いブランド指輪もおススメ!

ブランド指輪はデザインが美しいことはもちろん、素材の良さにも定評があります。素材の品質が高いと指になじむのも早く、長期間輝きを保ったまま使い続けることができます。一生指にはめておく指輪だけにしっかりとしたものを選びたいです。

結婚指輪と婚約指輪の違い

婚約の証に贈るのが婚約指輪

男性から女性に対して婚約を証明するものとして贈られるのが婚約指輪です。結婚指輪に比べて華やかなデザインが選ばれることが多いからか日頃身に着けている女性はあまり見かけません。何か特別な会の際に彩を添えるジュエリーの印象が強く出ます。

結婚して交換するのが結婚指輪

結婚指輪は婚約指輪とは異なって二人で用意することが一般的です。女性はもちろん、男性も身に付けます。日常的に身に着けることが多いのでそれほど華美なデザインにはせずに、指を綺麗に見せるものが優先的に選ばれる傾向にあります。

結婚指輪なら福岡で買うべし!

結婚指輪は定番デザインが人気!【男女違うデザインでもOK】

指輪

結婚指輪の選び方について

結婚指輪は結婚式で交換するために必要になるので早めに選び始めましょう。人気のデザインになるとなかなか手に入らないこともあるので注意が必要です。デザインと素材によって指の見え方や指輪の存在感が異なります。男性と女性でももちろん印象は異なるので可能な限り二人で一緒に選びに行ってお互いが着けた印象で決めると失敗がありません。必ずしも男女でデザインが全く同一である必要はないので女性側にだけダイヤが乗っていることもあります。日常的につけておくものであることも考慮に入れてあまり邪魔にならないものを選ぶと長くつけ続けることができます。

婚約指輪を仙台で見つけよう☆

結婚指輪を静岡で見つけましょう♪

婚約指輪なら銀座の専門店で買おう☆ 婚約指輪を福岡で見つけよう☆

広告募集中